ウィッグのタイプと素材について 

ドライヤー病気や事故で脱毛してしまった場合に男性向けの医療かつらは安心して外に出歩ける理由に繋がっていくものです。いざ男性向けの医療かつらを着用するつもりなら、ウィッグのタイプと素材についての知識を頭に入れておくべきでしょう。人毛の場合はカットやパーマあるいはドライヤーやヘアカラーが可能で、耐久性に優れているのが特徴となります。ただ、洗うとスタイルが保持できず、セットや手入れの必要があります。

人工毛の場合はスタイルが崩れにくくて人毛に比べると軽いのが特徴であるものの、熱や摩擦に弱くて毛先が縮れることやテカリがあるといった短所もあります。ミックス毛は洗ってもスタイルキープが楽にできて、カットアレンジに関しても対応可能です。ただ、人毛の部分が縮れて人毛の部分が退色することもあります。

それぞれの材質にはメリットデメリットがあるのが分かるはずです。全てが完璧な材質は存在しないからこそ、ご自身が何を重視するかを考えての選択をしないといけません。もちろん、材質によっての価格差という点も考えないといけないものです。医療かつらを着用するのなら、抗がん剤治療をスタートする前が最適といえます。これは現在のヘアスタイルとかつらのスタイルの比較がしやすいからです。つづいて3種類からの選択が可能な医療用かつらについて紹介します。